沿革

80年社史
1938年3月 現在の東京都葛飾区に資本金40万円をもって設立、金属油剤の製造開始
1947年1月 繊維助剤の製造開始
1950年3月 名古屋市に名古屋支店を開設
1952年1月 農業用乳化剤および展着剤の技術開発に成功し、製造開始工業用各種界面活性剤並びに製紙用助剤の製造開始
1956年11月 大阪市に大阪支店を開設
1960年8月 神奈川県横須賀市に追浜工場を新設
1961年1月 合成ゴム乳化重合用助剤並びに合成樹脂製品の製造開始
1962年2月 溶剤エチレングリコールモノブチルエーテルの製造技術を完成、日本初の国産化を実現
1962年5月 東京証券取引所市場第二部に上場
1964年5月 神奈川県横須賀市に技術研究所を新設(現:追浜研究所)
1965年3月 製紙用助剤メーカー近代化学工業(株)の株式を取得し子会社とする(現:連結子会社)
1965年7月 山口県徳山市(現:周南市)に徳山工場を新設、合成ゴム乳化重合用助剤の製造開始
1967年10月 子会社、東邦石油樹脂(株)を設立、四日市臨海地区に四日市工場を建設、石油樹脂の製造開始
1969年6月 東京都葛飾区に界面活性剤研究所を新設(移転後、現:千葉研究所)
1970年8月 子会社、東邦千葉化学工業(株)を設立、京葉臨海工業地区に袖ケ浦工場を建設、界面活性剤の製造開始
1975年10月 子会社、東邦千葉化学工業(株)でポリエーテルの製造開始
1978年6月 子会社、(株)横須賀環境技術センターを設立し、環境調査測定・分析業務開始(現:連結子会社)
1979年4月 追浜工場に界面活性剤の新鋭工場を建設し、溶剤、原油薬剤、潤滑油添加剤等の量産体制を確立
1986年9月 東京工場にカチオン化セルロース生産設備を新設
1987年12月 子会社、東邦千葉化学工業(株)袖ヶ浦工場に連続スルホン化装置を新設
1988年10月 子会社、東邦石油樹脂(株)を吸収合併(現:四日市工場)
1989年3月 2,000千株の公募増資(資本金17億5,550万円)
1990年10月 神奈川県横須賀市に研究棟を新設
1993年10月 子会社、東邦千葉化学工業(株)を吸収合併(現:千葉工場)
1994年3月 中国広東省に合弁会社懐集東邦林化産品有限公司を設立(現:連結子会社 懐集東邦化学有限公司)
1995年6月 東京工場を千葉工場に集約移転、同工場内にファインケミカル工場を増設
1996年7月 東京都中央区明石町に本社を移転
1998年5月 追浜研究所にパイロットプラントを新設
1999年1月 千葉工場に電子情報材料製造設備を新設
1999年2月 子会社、東邦化学倉庫(株)を設立(現:連結子会社)
1999年12月 ISO9001認証取得(JQA-QM4007)
2000年2月 タイ国バンコク市に合弁会社 TOHO CHEMICAL(THAILAND)CO.,LTD.を設立(現所在地:サムットプラカーン県)
2001年12月 ISO14001認証取得(JQA-EM1969)
2005年5月 中国上海市に「日本東邦化学工業株式会社 上海代表処」を設置
2007年4月 子会社、近代化学工業(株)の営業部門と研究部門の事業を譲受
2008年2月 千葉工場に電子情報材料製造設備を増設
2008年11月 中国上海市の上海代表処を改組、東邦化貿易(上海)有限公司を設立(現:連結子会社)
2009年4月 茨城県鹿嶋地区(神栖市)に鹿島工場を建設、界面活性剤の製造開始
2010年7月 中国上海市に子会社、東邦化学(上海)有限公司を設立(現:連結子会社)
2011年6月 中国広東省に懐集東邦化学有限公司の子会社、恵州市東邦化学有限公司を設立
2011年7月 千葉工場に界面活性剤製造設備を増設
2012年3月 千葉工場に電子情報材料製造設備を増設
2014年4月 子会社、東邦化学(上海)有限公司の商業生産開始
2014年7月 懐集東邦化学有限公司の子会社、恵州市東邦化学有限公司の商業生産開始
2017年3月 千葉工場に電子情報材料用精製設備を増設
続きを読む