安全

safety

私たちは、従来から「危険予知」「ヒヤリハット」など労働災害防止の運動を行ってきました。2004年に「安全衛生方針」を定め安全衛生マネジメントシステムの導入に着手しました。安全衛生活動を通じて職場における労働災害・事故ゼロを目指しています。
物流安全については、製品輸送時の環境・安全確保の為、製品容器には危険度の度合いを示す「PL警告表示ラベル」を貼付し、かつ「緊急時対応措置指針」の指針番号と国連番号を記載し「容器イエローカード」対応を実施しています。

また、製品を輸送するトラックやタンクローリーの乗務員には、運送中事故時に適切な処置が取れるように、積載物の性質や応急処置方法、緊急時の連絡先等を記載した「イエローカード」を交付し、運送時の安全確保に努めています。

安全衛生方針

『従業員の安全と健康の確保は企業の経営と存続の基盤である事を認識し、以下の安全衛生方針を定めました。
  1. 安全で働き易い職場環境を作るために、従業員と当社は協力して安全衛生活動を実施し、労働災害・事故を防止します。
  2. 安全衛生関係法令及び当社で定めた規程等を遵守します。
  3. リスクアセスメント(危険性、有害性の事前評価)を実施し、リスクの計画的削減を図ります。
  4. 化学物質の安全な取扱いを徹底すると共に、従業員の安全衛生を確保します。
  5. 心と身体の調和のとれた健康管理を目指します。
  6. 安全衛生の目標を定め、安全衛生活動の継続的改善を図ります。
続きを読む